雨量計の自動化のしくみ

降水量を測定するための装置が雨量計です。人の手を介さずに降水量を測定するために、転倒ます雨量計と呼ばれる装置が一般に使われています。もし、容器に溜まった雨水を測定するしくみであると、溜まった雨水の量を目視で測定し、その後、雨水を捨てるといった作業が必要となります。転倒ます雨量計を使うことで、そのような人手に依存する作業を自動化することが可能となります。漏斗で集められた雨水が転倒ますに溜まり、その後、一定量になると転倒ますが転倒することでスイッチが押されるといった動作を行ないます。転倒した際に、所定の位置にあるスイッチが押されるとともに、雨水が排出されますので転倒ますは元の位置に戻ります。スイッチが押された回数と、排出される水の量から雨量を知ることができます。測定のための情報を集める一連の動作は自動化されており、広く使われている理由となっています。

雨量計についてのあれこれ。

雨量計というものがありますが、これはどれだけ雨が降ったのかを知る手段として使われています。簡単に言えば、雨の量を観測する役割をもっています。その中でも転倒ます型のものが一般的です。これは、雨が降ることで、設置されているますの中に水がたまることになりますが、決められた量がたまれば、当然そのますはいっぱいになります。そのますが倒れることによって外に流れる仕組みになっています。その後、もう片方のますにまた水がたまることになります。この流れを繰り返すことになり、結果、はっきりした雨量がわかることになります。単純な方法に感じますが、非常に優れているといえます。基本的に何回ますが倒れたかで降った量がわかることになります。雨などの情報を毎日確認する人も多いですが、この方法で導き出されることがほとんどです。なくてはならないのが雨量計です。

雨量計について(使いかた)

雨量計とは降水量を測る道具です。基本的な測りかたは、漏斗型の雨を受ける部分を使って雨を機器の中に入れてその量を測ることで降水量を測ることができる道具です。寒い地域では受水部などにヒーターを入れることで霧や霜の量も測ることができます。また受水部にはいる直前に風などに雨粒が飛ばされてしまうと正確に測ることができないためかぜよけのために助炭と呼ばれているものがつけられることがあります。助炭は炭を保温するためのものが語源です。日本では、公式なものに使うためには国の検定を受けた雨量計でなければいけません。また雨量計にはたくさんの種類がありますが1番多い物は貯水型と呼ばれる物です。その仕組みは雨量ますと言うものに雨をため目視で確認するという最もシンプルな物です。しかし放置すると蒸発して正確に測れなくなるため常に人がいなくてはいけません。